Fragments

年月アーカイブ

About
Archives
2020-10-19

展示終了しました


江古田のまちの芸術祭、ギャラリー古藤さんでの展示が終了しました。
去年の油田カフェでの展示と同様皮革工場の写真でした。

革製品はとても身近なものですが、その工程は意外と知られていません。
特に原皮を扱う工場の写真は初めて見るという方が多く、革製品ってこうやって作られていくんだ、職人さんがカッコいいなど、驚きや楽しさをもって見ていただけたのをとてもうれしく思いました。

今回は6枚だけでしたので、また、展示は行いたいと思っています。
皆さまありがとうございました。

2020-09-23

江古田のまちの芸術祭2020


練馬区江古田で芸術祭が開かれます。
コロナ感染者数がまだ減らない状況で告知もしづらいのですが、もしお近くにお立ち寄りの際にはご覧いただければ幸いです。
わたしはギャラリー古藤さんで開かれるグループ展に参加します。

今回は2018年から撮影している皮革工場の写真の中から、原皮の出荷をされている倉庫の写真を6枚展示します。

期間:2020年10月10日~10月18日
ギャラリー古藤
住所:東京都練馬区栄町9-16
最寄り駅:西武池袋線の江古田駅(南口)
時間:12時~19時
期間中無休
入場無料です。

まちの芸術祭ですので、ギャラリー古藤さん以外にもさまざまな展示がご覧いただけます。よろしくお願いいたします。

2019-10-07

【告知】きねがわスタンプラリー


先日、墨田区立吾嬬第二中学校に撮影に行ってきました。
学校の生徒さんが90年代に革なめし体験をした時の「私たちのなめした革」が額装されて校舎内に3枚展示されています。それを撮りに行きました。

この写真がどこで展示されるかというと、「産業・教育資料室きねがわ」のある東墨田会館内です。きねがわスタンプラリーというイベントが20日に開催されるのでそれに合わせた展示です。


※上の写真は中学校の図書館です。

皮革と油脂の工場が集まる町、東京・墨田区の「きねがわ」地区を回る第5回スタンプラリーが10月20日(日)の10時から開催されます。
「社会福祉会館」からスタートし、「産業・教育資料室きねがわ」「東京都立皮革技術センター」などを回りながら、産業について学ぶことができます。

スタート地点の「社会福祉会館」のアクセスは八広駅から歩いてもいいのですが、押上から巡回バス・すみまるくん(北東部ルート)で「社会福祉会館」で降りると便利です。

どうぞよろしくお願いします。

【展示終了後の追記】
終わったので、革の写真をアップします。上から1993年、1995年、1998年。