Fragments

年月アーカイブ

About
Archives
2020-10-19

展示終了しました


江古田のまちの芸術祭、ギャラリー古藤さんでの展示が終了しました。
去年の油田カフェでの展示と同様皮革工場の写真でした。

革製品はとても身近なものですが、その工程は意外と知られていません。
特に原皮を扱う工場の写真は初めて見るという方が多く、革製品ってこうやって作られていくんだ、職人さんがカッコいいなど、驚きや楽しさをもって見ていただけたのをとてもうれしく思いました。

今回は6枚だけでしたので、また、展示は行いたいと思っています。
皆さまありがとうございました。

2020-09-23

江古田のまちの芸術祭2020


練馬区江古田で芸術祭が開かれます。
コロナ感染者数がまだ減らない状況で告知もしづらいのですが、もしお近くにお立ち寄りの際にはご覧いただければ幸いです。
わたしはギャラリー古藤さんで開かれるグループ展に参加します。

今回は2018年から撮影している皮革工場の写真の中から、原皮の出荷をされている倉庫の写真を6枚展示します。

期間:2020年10月10日~10月18日
ギャラリー古藤
住所:東京都練馬区栄町9-16
最寄り駅:西武池袋線の江古田駅(南口)
時間:12時~19時
期間中無休
入場無料です。

まちの芸術祭ですので、ギャラリー古藤さん以外にもさまざまな展示がご覧いただけます。よろしくお願いいたします。

2019-10-07

【告知】きねがわスタンプラリー


先日、墨田区立吾嬬第二中学校に撮影に行ってきました。
学校の生徒さんが90年代に革なめし体験をした時の「私たちのなめした革」が額装されて校舎内に3枚展示されています。それを撮りに行きました。

この写真がどこで展示されるかというと、「産業・教育資料室きねがわ」のある東墨田会館内です。きねがわスタンプラリーというイベントが20日に開催されるのでそれに合わせた展示です。


※上の写真は中学校の図書館です。

皮革と油脂の工場が集まる町、東京・墨田区の「きねがわ」地区を回る第5回スタンプラリーが10月20日(日)の10時から開催されます。
「社会福祉会館」からスタートし、「産業・教育資料室きねがわ」「東京都立皮革技術センター」などを回りながら、産業について学ぶことができます。

スタート地点の「社会福祉会館」のアクセスは八広駅から歩いてもいいのですが、押上から巡回バス・すみまるくん(北東部ルート)で「社会福祉会館」で降りると便利です。

どうぞよろしくお願いします。

【展示終了後の追記】
終わったので、革の写真をアップします。上から1993年、1995年、1998年。


2019-07-06

八広のひとびと 2

八広はなみずき高齢者みまもり相談室で、「八広のひとびと」第二弾写真展を開催します。
設営は終わったので今日からご覧になれます!

——————————————————————————
開催場所:八広はなみずき高齢者みまもり相談室 多目的室

開館時間:月曜~土曜日(午前9時から午後6時)日曜祝日休み

期間:8月末まで

アクセス:墨田区八広五丁目18番23号(京成押上線 八広駅から徒歩4分)
——————————————————————————

高齢者みまもり相談室、という名称ですが、どなたでも気軽に立ち寄れる場所だと思って下さい。ですので年齢などの条件はありません。
休憩スペースや卓球台もあり、気兼ねなくゆっくりできる施設です。

展示を見るときにも、事務所の方に声をかけなくても大丈夫です。入口の自動ドアが開くと目の前の机にお名前を書く用紙がありますのでそちらに記入していただき、左に進んで下さい。奥の部屋に展示しています。

場合によっては部屋を会議などに使用していることもあるのですが、午後はほぼ大丈夫です。

<写真展の内容について>

今年3月~4月にかけてカフェ・パザパさんで写真展「八広のひとびと」を開催しましたが、その「八広のひとびと」とは違う写真展です。

写真展開催が決まったのと同時に、八広の地域のお祭りや交流会、介護施設なども撮影をさせていただけることになりました。
前回はひとりのポートレートや家族写真でしたが、今回は地元の人たちがどんな活動や交流をしているかを見ていただけるような展示にしました。

八広に住んでいる方、八広に引っ越してきた新しい住人の方はもちろん、
他の地域の方も歓迎です!ぜひ見にいらしてください。

<アクセスについて>

google MAPで検索すると、古い住所が出てくるのですが、現在は京成押上線の高架下(入口は西側)に引っ越ししています。カフェ・パザパさんのすぐ近くです。
道順を詳しく書くと……

まず、八広駅の改札を出て、左にある階段をおりてください。
道なりに進むと「ゆりのき橋通り」に出ます。
道路を渡ります(左にみえる横断歩道を渡ります)
まっすぐ歩くとすぐカフェ・パザパさんがあります。
お店の角を右に曲がって下さい。
そのまま真っ直ぐ歩いて高架下をくぐり、左に曲がって歩いて下さい。
「八広はなみずき高齢者みまもり相談室」に到着します。

ZEN展に参加しています

ZEN展に参加しています。今回は、いのりんさんに通知表や文集などを使った作品にご協力いただきました。
写真だとよくわかりませんが、実際の展示で細かい文字まで見ていただきたいです。
そして、もし作品に協力して下さる、興味があるという方がいらっしゃいましたらご連絡ください。メール:blog(アットマーク)mwp.xii.jp

【第17回 ZEN展 東京都美術館】
2019年7月3日(水)〜 7月8日(月)
9時30分~17時30分(最終日は14時まで)
入場無料
東京都美術館2階
アクセス— 東京都台東区上野公園8-36
JR上野駅「公園口」より徒歩7分 東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分 京成電鉄京成上野駅より徒歩10分
内容について——–書・日本画・水墨画・油彩・水彩画・パステル・アクリル・立体・写真・ビーズなど

2019-04-29

「八広のひとびと」写真展終了しました

写真展「八広のひとびと」終了いたしました。
たくさんのかたにご来場いただきましてありがとうございました。久しぶりにお会いできた方も多く嬉しかったです。また、気にかけてくださったかた、SNSでいいねやシェア、リツイートしてくださったかた、作品をお買い上げくださったかたに改めてお礼をいいたいです。ありがとうございました。v
今回このような展示の機会をくださったカフェパザパ様、工場写真展でお世話になった染谷ゆみ様、また、力を貸していただいた八広の住人の方々に深く感謝いたします。

写真展は終わりましたが、八広のひとびとの撮影はまだつづきますので今後ともよろしくお願いいたします。

2019-03-30

「八広町工場」写真展終了しました

油田モールで開催していた「八広町工場」写真展、無事終了いたしました。足を運んでくださった皆様、気にかけてくださった皆様、ありがとうございました。

今回の撮影と展示にあたって油田モール経営者の染谷ゆみさんに大変お世話になりました。
何人もの来場者の方にどうして撮影許可をもらえたのか聞かれましたが、染谷ゆみさんのお父様が東墨田で油脂工場を経営されてきた方ですし、染谷ゆみさんご自身も廃油をリサイクルして燃料や発電に使うという事業でメディアにでている地元では有名な方ですので、「染谷さんの所で展示する写真」という前提でかなりスムーズに周辺の工場の方々に協力していただけました。よそ者のわたしでは無理なことでしたので、とてもありがたく貴重な経験になりました。

また、周辺には皮革産業に関する資料館が充実しているため、写真展はシンプルに「工場写真」として見せて、興味のある方には近くにある「東墨田会館」や「皮革技術センター」でより詳細な歴史や資料にあたっていただくことができますから、そういう意味でもいい場所だったと思います。

2012年~2013年にかけてひばりが丘団地の取り壊しのプロセスを撮影しました。その時に住人の方に声をかけて撮影するという方法もあったと思うのですがその時は「そんなこと私には絶対無理」でしたので、ただ団地の外観を撮影するだけでした。今回、工場の方に撮影許可をいただいて働いているところを撮影している自分自身が感慨深いというか、染谷さんのお力添えがあったとはいえ、こんなことが出来るようになったんだな、スローペースではあるけれど人間って変わっていくんだなとしみじみしました(笑)

写真展は終わりましたが撮影は続けていきますので、八広・東墨田の方々には引き続きお世話になります。

こちらの展示は開催中です「八広のひとびと」
期間:2019年3月4日~4月27日[月ー土]10時~18時(日祝休み)
場所:カフェパザパ
東京都墨田区八広5丁目32
<墨田区内巡回バスすみまるくん>油田モールのそば「社会福祉会館」か「東墨田二丁目」で乗って「八広(八広駅)」で降ります。進行方向に向かって横断歩道を渡り左に曲がり少し歩くと角の店がパザパです。
※カフェですのでワンオーダーお願いします
※ドンツキ協会の齋藤さんから、「八広の町を歩いてみたい」という方向けに町歩きポイントを教えていただきましたので、A4用紙1枚にまとめました。1階に置いていますのでご自由にお持ち帰りください。
※22点の展示の半数、11点の額を作家の中瀬敦さんに手がけていただきました。
個性的な面白いひとたちがいる町です。ただ写真を見ていただくだけではなくて、町の人とつながれるような展示にできるような内容にしました。展示作品のキャプションにQRコードを載せていますので、そちらをご覧下さい。

問合せは私、yamaにお願いします。
メール:blog(アットマーク)mwp.xii.jp

2019-03-13

写真展開催中です「八広町工場 / 八広のひとびと」

写真展 八広町工場 八広のひとびと

現在、写真展開催中です!
油田モールさんで「八広町工場」
カフェパザパさんで「八広のひとびと」

どちらも京成電鉄押上線・八広駅が最寄り駅です。
地域のコミュニティのようなお店・カフェです。はじめて来た人もほっとできる場所だと思います。

「八広町工場」
期間:2019年3月中[月ー土]11:30-17:00(日祝休み)
場所:油田モール(上の写真が入口です)
東京都墨田区八広3-39-5-1F
<墨田区内巡回バスすみまるくん>押上駅で緑色の(北東部ルート)に乗ります。「社会福祉会館」で降りて進行方向にまっすぐ歩くか、「東墨田二丁目」で降りてバス進行方向と逆方向に戻ると通り沿いに油田モールがあります。
入場無料
八広~東墨田地区は明治時代から続く工業地帯です。
皮革・油脂産業を中心として、ゴム・金属製品製造等、様々な業種の工場が建ち並んでいます。
工場内部と、そこで働く人たちの姿をご紹介します。
展示会場の近所には、皮革工場や地域の歴史についての資料室などが充実していますので、そちらも合わせてご覧下さい。

写真展 八広町工場 八広のひとびと

「八広のひとびと」
期間:2019年3月4日~4月27日[月ー土]10時~18時(日祝休み)
場所:カフェパザパ(上の写真が入口です)
東京都墨田区八広5丁目32
<墨田区内巡回バスすみまるくん>油田モールのそば「社会福祉会館」か「東墨田二丁目」で乗って「八広(八広駅)」で降ります。進行方向に向かって横断歩道を渡り左に曲がり少し歩くと角の店がパザパです。
※カフェですのでワンオーダーお願いします
※ドンツキ協会の齋藤さんから、「八広の町を歩いてみたい」という方向けに町歩きポイントを教えていただきましたので、A4用紙1枚にまとめました。1階に置いていますのでご自由にお持ち帰りください。
※22点の展示の半数、11点の額を作家の中瀬敦さんに手がけていただきました。
個性的な面白いひとたちがいる町です。ただ写真を見ていただくだけではなくて、町の人とつながれるような展示にできるような内容にしました。

問合せは私、yamaにお願いします。
メール:blog(アットマーク)mwp.xii.jp

正直2箇所同時開催というのはかなりハードでもあり、ブログの更新が滞ってしまいましたが、写真展がはじまって少し落ち着きました。あまり無理しないようにぼちぼち在廊しますので、どうぞよろしくお願いします。

2019-02-09

[お知らせ]八広で八広の写真展を開催します

八広駅はスカイツリーのある押上駅から京成電鉄押上線で2駅のところにあります。
今回ご縁があり八広の工場、住人や働く人たちの写真を撮影させていただきました。
そして来月油田モールさんで「八広町工場」、カフェパザパさんで「八広のひとびと」という写真展を開催します。油田さんは入場無料。カフェパザパさんはワンオーダーお願いします。

「八広町工場」
日時:3月中[月ー土]11:30-17:00(日祝休み)
場所:油田モール
東京都墨田区八広3-39-5-1F
参加費:無料
八広~東墨田地区は明治時代から続く工業地帯です。
皮革・油脂産業を中心として、ゴム・金属製品製造等、様々な業種の工場が建ち並んでいます。
工場内部と、そこで働く人たちの姿をご紹介します。

「八広のひとびと」
場所:カフェパザパ
東京都墨田区八広5丁目32
3月4日~4月27日[月ー土]10時~18時(日祝休み)
※カフェですのでワンオーダーお願いします
※22点の展示の半数、11点の額を作家の中瀬敦さんに手がけていただきました!ご期待ください。

問合せは私、yamaにお願いします。
メール:blog(アットマーク)mwp.xii.jp
DM葉書はまだありますので、置いていただけるところがあれば持参します!
個人的に欲しいという方は住所と希望枚数を添えてメールください。

2018-04-08

ZEN展選抜展終了

桜

ZEN展 銀座大黒屋 春季選抜展の展示が終了しました。ありがとうございました。

<写真集発売中です>
≫ [ZINE] Breaking Stones
≫ The Confined Room, No. 6
≫ [Kindle Unlimited] CRP JAPAN TOKYO 2016 Night Falls On The Street / 東京
≫ [Kindle Unlimited] CRP JAPAN TOKYO 2010-2015 Re-Trace