Fragments

About
Archives

2019年5月の記事

2019-05-18

連係プレー


皮革染色工場のスプレー塗装作業風景。1階はたいこ染色、2階はスプレー塗装という作りの工場で、2階でご家族で作業されているところを撮影させていただきました。こちらの工場では山羊、羊、牛の革を扱っているそうです。


革を1枚1枚スプレー台に乗せ、塗装した後はそばの物干し竿にかけて乾かし、すぐ次の革を台に乗せます。
自動で塗装する機械もありますが、今回は手作業だそうです。


たいこで染めただけの革はムラがあり日焼けで色が変わったりもするそうで、その上にスプレー塗装をして着色しきちんと色を載せるそうです。注文に合う色になるまで、7回くらい(!)スプレーを吹きかけて調整するといわれ驚きました。

2019-05-15

afterglow 2

先月撮影に伺ったゴム工場を再度撮影させていただきました。


2019-05-09

リサイクル

生ゴミを飼料化している工場にお伺いしました。ホテルから出た生ゴミが到着し、そこからミカンの皮や油などをとりのぞき、残りを機械で乾かして養豚場などの飼料にする工場です。ビニール袋などが混入していることはないのですか?とお伺いしたところ、こちらの工場に到着する前に食品廃棄物のみより分けられているそうです。

表に「染革」の表札がでていたので訪ねてみたのですが、染革工場が閉鎖されたあとの空き工場を借りて運営されていました。

2019-05-03

皮革工場:ネット張り乾燥



皮革製品が完成するまでの20以上の工程の中に「ネット張り乾燥」があります。革が収縮しないようぴんと伸ばして乾燥させるのです。はじめて目の前で見ることができましたが、とにかくテンポが早い。各板の裏表に革を張り、格納し、10の板すべて終わったらまた1に戻ります。手が止まることはありません。


こちらの会社さんは、他の皮革染色工場から革を運び、乾燥だけを行い、また染色工場に納品しています。全部の工程を行う工場は少ないので各会社で特定の専門業務を行うところが多いのです。アフリカ系の方が多く働いていますが、オーナーさんによると、今は建設現場など他の業界との人材確保競争が激しいとのことでした。

今回ネットでの公開にOKをいただいたので掲載いたしました。上の写真はちょうど公開を快諾してくださっているシーン(笑)最初に撮影許可をいただくときもオーナーの方が「八広町工場」写真展をご存じで、写真展やってよかった・・と思った瞬間でした。ありがとうございました!

< the previous month : 前の月へ 次の月へ  the next month : >